Actions

参加者設定

From LimeSurvey Manual

This page is a translated version of the page Participant settings and the translation is 100% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎日本語 • ‎Nederlands


はじめに

このパネルから、アンケート参加者のテーブル設定を編集することができます。たとえば、アンケートから得たすべての回答を匿名化するか、参加登録を許可するかを選択できます。アンケート参加者と併せ、LimeSurveyの強力な特徴です。

アクセスするには、以下のスクリーンショットを確認してください。


Survey menu - participant tokens.png


参加者設定パネル

下記のオプションが使用できます。


Participants tokens panel.png


トークンの長さを設定

通常、既定値の15文字(最大35)は変更する必要はありません。変更したい場合は、5以上の数値(X)を入力します。入力した数値が5より小さい場合は既定値の15に変換されます。トークンを作成するときは、すべてのトークンがX文字になります。


匿名回答

この設定により、各アンケートで使用するアンケート参加者テーブルの情報と回答を突き合わせるか、"匿名"のままにするかを決定します。既定値は"オフ"です。"オン"を選択すると、アンケートの回答は匿名、つまり回答と参加者を突き合わせることはできないことになります。アンケート管理者であっても回答データと参加者データをリンクさせることはできません。ただし、アンケートで参加者が入力したそれぞれの回答はいつでも見ることができます。こうして、個別かつ匿名での分析が可能です。


Important.png
注意 : この機能をオンにすると、回答の送信日時とトークンの完了日時は、他の設定にかかわらず、常に1980-01-01 00:00となります。送信日時を無効にすることにより、アンケートが始まるときにトークンキーが記録されるウェブサーバーのログとも突き合わせることができません。トークン完了日時を無効にすることにより、トークン日時の順番と送信された回答の順番を突き合わせることができなくなります。


トークンベースの回答保持を有効

アンケートでトークンを使用し、匿名でない場合、この機能を使えます。オンにすると、回答者はアンケートをいったん離れ、'あとで続きをする機能を使わずにいつでも再開できるようになります。例えば、気が乗らなかったり、ブラウザーがクラッシュした場合などです。招待リンクを再びクリックすると、アンケートの回答がそのまま残っているとともに、アンケートを離れる前と同じページに復帰します。


一つのトークンで複数回答または回答の更新を有効

オンにすると、アンケート参加者は、すでに送信済みのアンケートであっても招待リンクをクリックするとアンケートに戻ることができます。アンケートが匿名で、"トークンベースの回答保持を有効"を"オフ"に設定されている場合、新たな回答となります。アンケートが匿名ではなく、"トークンベースの回答保持"が有効な場合、ユーザーは送信済みの回答を上書きします。


参加登録許可

トークンを使ってアンケートへのアクセスをコントロールする場合、アンケートが利用できるのは、アンケート参加者テーブルにエントリーがあり、ユニークなトークンコードが割り当てられている人に限られます。トークンを使いつつ、参加登録を許可する場合、この設定を"オン"にします。"オン"にすると、訪問者は名前とメールアドレスを登録します。スクリプトによって参加者テーブルに新しいエントリーが作成され、招待メールが送信されます。メールアドレス一つに対し一人だけがアンケートを完了できるようになります。


トークンへのメールにHTML形式を使用

有効にすると、LimeSurvey電子メールシステム管理インターフェースを介して送信されたすべての電子メール(招待、催促、確認)がHTML形式になり、リッチフォーマットを使用することができます。既定値は "オン"です。


Important.png
注意 : この機能をオンまたはオフに切り替えるときは、メールテンプレートが意図するとおりに表示されていることを再度確認する必要があります。


確認メール送信

オンにすると、参加者はアンケートが送信された旨の確認メールを受信します。