Actions

通知とデータ

From LimeSurvey Manual

This page is a translated version of the page Notifications & data and the translation is 100% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎日本語 • ‎Nederlands


はじめに

回答に関連する詳細データを回答テーブルに保存するには、このパネルにアクセスします。より詳細な分析を行うため、リファラーURL、IPアドレス、時刻などを保存できます。さらに、LimeSurveyではGoogleアナリティクスのトラッキングIDを使用することもできます。

このパネルにアクセスするには、各アンケートページのアンケートメニューにある対応するタブをクリックします。


Survey menu - data management.png


データ管理パネル

下記のオプションが使用できます。


Notification and data management settings.png


  • 日付: 回答が送信された時刻を記録する場合にオンにします。
  • IPアドレス保存: 「はい」にすると、回答とともにアンケート回答者のIPアドレスが保存されます。
  • リファラーURL保存: 「はい」にすると、回答とともにリファラーURLが保存されます。
  • 回答タイミング保存: オンにすると、アンケート参加者ごとがアンケートの各ページに滞在した時間を記録します。
  • 評価モード有効: この設定で評価を有効/無効にできます。
  • 参加者による保存と再開: この設定によって、参加者は自分の回答を保存して、後でアンケートに回答することができます。これはオープンアンケートや匿名アンケートに向いています。トークンを使用し匿名でない場合、ほとんどの場合、トークンベースの回答保持を有効にする方がよいでしょう。
  • 管理者通知メール(簡易)の宛先管理者通知メール(詳細:結果つき)の宛先: この設定では、アンケートが送信されたときに通知もしくはアンケート回答を指定のメールアドレスに送信します。メールテンプレートメニューからメールのテンプレートを編集できます。セミコロン(;)で区切ることにより複数の受信者を設定できます(例えば、"yourname@test.com; myname@test.com;hisname@test.com"、あるいはプレースホルダーを使用して"yourname@test.com;{INSERTANS:82733X12X73};{TOKEN:EMAIL}")
アンケート管理者にメールを送信するには、{ADMINEMAIL}を使用する必要があります。アドレスを入力する別の方法もあります。
  1. メールアドレスを入力する(yourname@test.comなど)
  2. SGQAコードを入力すると、その質問に対する回答として入力された電子メールアドレスに回答が送信されます(先行する回答の情報を再利用するときと同じ方法で{INSERTANS:9999X88X12}のような形式を使用します)
  3. トークンコードを入力する(アンケート回答が匿名でない場合にのみ可能です)と、トークンフィールドから取得したメールアドレスに返信します({TOKEN:EMAIL}や{TOKEN:ATTRIBUTE_1}のように、トークンテーブルから情報を再利用するときと同じ形式を使用します)。


  • Googleアナリティクスの設定: アンケートのウェブトラフィックについて詳細を知りたい場合は、Googleアナリティクスをご利用ください。 3つのオプションがあります。
    • なし: Googleアナリティクスは使用されません。
    • 次の設定を適用: 選択すると、アンケートのオーナーは、GoogleアナリティクスのトラッキングIDを入力し、それぞれのアンケートとセットで保存することができます。次の3つのGoogleアナリティクススタイルのいずれかを選択することもできます。
      • Googleアナリティクスを使用しない - {GOOGLE_ANALYTICS_JAVASCRIPT}は空になります。
      • 既定のGoogleアナリティクス - {GOOGLE_ANALYTICS_JAVASCRIPT}は標準のGoogleアナリティクスコードを使用して、適切なGoogleアナリティクスキーを挿入します。
      • SurveyName-[SID]/GroupName - {GOOGLE_ANALYTICS_JAVASCRIPT}には、カスタマイズされたGoogleアナリティクスコードが使用され、{SURVEYNAME}-[{SID}]/{GROUPNAME}の形式でURLをログとして記録します。これは、アンケートでのナビゲーションパス、1ページあたりの滞在時間、1ページあたりの離脱率を分析する場合に役立ちます。
    • グローバル設定を使用する: 選択すると、アンケートでは、 グローバル設定に記載されているものと同じGoogleアナリティクストラッキングIDを使用します。また、目的のGoogleアナリティクススタイルを選択します。
GoogleアナリティクストラッキングID: アンケートをGoogleアナリティクスと統合できます。トラッキングIDは、 {GOOGLE_ANALYTICS_API_KEY}を使ってテンプレートに組み込むことができます。Googleアナリティクスに必要なJavaScript(キーを含む)は、{GOOGLE_ANALYTICS_JAVASCRIPT}からテンプレートに組み込まれます。


Help.pngLimeSurveyにおけるGoogle APIの詳細な詳細な使用方法は、Google API howtoページを参照してください。