Actions

よいアンケートの作り方(ガイド)

From LimeSurvey Manual

This page is a translated version of the page How to design a good survey (guide) and the translation is 100% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎Nederlands • ‎español • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎日本語

よいアンケートを作るための簡単なガイド

LimeSurveyでは、アンケートを素早く簡単に行うことができますが、ひどいアンケートを作ることも非常に簡単ということでもあります。

このページでは、参加者に負担をかけずに有益な回答を得るための簡単なガイダンスを提供します。

こちらのブログ"Survey design tips & tricks(アンケートのデザインのコツと小技)"にも有益な情報があります。

アンケートを作る前に

アンケートを作る前に、そもそもアンケートをすることが適切な方法なのかを含め、考えておくべきことがいくつかあります。

アンケートで何を知りたいのでしょうか?

この質問に答えたら、次のことを考慮します。

  • アンケートは調査に必要な情報を得ることができるでしょうか?
  • アンケートを完了させるには誰に聞くのがよいでしょうか?
  • 聞くべき相手にたどり着いたかどのように確認できるでしょうか?
  • (得られた情報がを確で有用なものにするため)アンケートに回答する人が質問を完全に理解してもらう最善の方法は何でしょうか?
  • データが収集されたら、(データ分析のために)どのような統計手法を使用するか、または使用すべきか?


これらは、LimeSurveyを使うことが適切なのかを決めるにあたりクリアにすべきことです。

LimeSurveyは、しっかりとした構成があり(アンケートを始める前に聞きたいことがわかっている)、標準化され(誰もが同じ内容に答える)、(特に数字やあらかじめ選択肢が決められた質問について)定量的なアンケートをオンラインで行うのに適しています。


これに当てはまらない場合ももちろんあるでしょう。LimeSurveyを電話インタビューの代わりにすることもできます。テキストによる自由回答のように、定性的なデータを集めることもできます。

ただ、別の調査方法の方が適切だと判断することもあるでしょう。

アンケートを組み立てる

質問の順番、グルーピングなどを決めるには、いくつか考慮すべき点があります。

可能なら、すべての参加者が答えやすい質問から始めましょう。聞きたい参加者を選別するための質問がよく使われます(選別には、条件クォータを使います)。

このような質問をアンケートの始めに入れると、アンケート途中での離脱が少なくなるかもしれません。このような導入/選別用の質問に一旦回答すると、途中でやめにくいといわれているからです。

:

次のフルーツのうち、どれが好きですか。
#りんご   ()
#バナナ  ()
#チェリー ()

(択一)

参加者が''チェリー''と答えた場合、条件を用いてチェリーについて更に聞くことができます。

なぜチェリーが好きなのですか?
#おいしいから
#色が好きだから
#ヘルシーだから
#ジューシーだから
#チェリーパイが好きだから

(複数選択(択一も可))

どのくらいチェリーが好きですか? 
#1) どのフルーツよりも好き
#2) とても好き
#3) 好きなフルーツの一つ
#4) チェリーを愛している

(択一)

チェリー関連のレシピを知っていますか?

[テキスト]

上記の例は、メインとなる質問の前の導入として簡単な質問を配置する例です。

その目的は、チェリー、りんご、バナナを使ったレシピを集めることにあります。

一方で、難しい質問があるときは、質問ごとにページを改めたり、質問グループを使用したり、そのような質問を最後に持っていったりすることを考えてもいいかもしれません。これにより、もし参加者がアンケートを中断しても、それまで行った回答は保存されます。

構成に関連して他に考慮すべき点としては、アンケートそのものでバイアスがかからないようにする必要があります。

例えば、マーケット調査において、回答を誘導するかどうかについて考慮します。

次の例は、回答を誘導しない質問の仕方です。

"あなたが知っているチョコレートのブランドは何ですか?"

(未記入のテキストボックス)

次の例は、回答を誘導する質問です。

 "次のチョコレートのブランドのうち、あなたが知っている物はどれですか?"

(ブランドのリスト(複数選択))

上述のとおり、上記2つの質問(誘導的質問・非誘導的質問)を同じアンケートの中に入れる場合は、それぞれを別のページに配置し、非誘導的な質問を先にするべきです。誘導的な質問を非誘導的な質問の前にしてしまうと、意図せずとも参加者の回答に影響を与え、結果が無効になってしまうかもしれません。

個々の質問

質問は、何かを示唆するようなものであってはなりません。"LimeSurveyについてどのような意見をお持ちですか?"は問題ありません(示唆的でない)が、"LimeSurveyは本当に素晴らしいツールだと思いませんか?"は示唆的な質問となります。

質問の仕方に関するその他の例:

次のような聞き方をすると、「寄付する」と答えがちです。

  • 自然を愛していますか
  • 川を保護するため、寄付をしますか


一方、次のような聞き方をすると、「寄付しない」と答えるでしょう。

  • お金がないと困りますか
  • 川を保護するため、寄付をしますか


適切な回答となるよう、質問の順番を決めましょう。

  • 当たり障りのないものが先、敏感なものは後に
  • 一般的なものが先、詳しいものは後に
  • 事実を聞く質問が先、意見を聞く質問は後に

また、質問には次のようなものがあります。

  • オープン質問 (回答者が自分の言葉で回答できる)
  • クローズ質問 (選択肢の中から選択する)

クローズ質問は、後で分析しやすくなりますが、本当に望んでいる回答を得られないかもしれません。

例: "好きな色は何ですか?"

オープン質問: "ダークフクシャ色"と答える人がいるかもしれません。結果に"ダークフクシャ色"というカテゴリーを作らなければならなくなります。

クローズ質問: 12種類の色から選ばせれば集計は楽ですが、回答者が本当に好きな色を選ぶことができないかもしれません。

各々の質問を慎重に検討し、オープン質問かクローズ質問かを決定してください。回答についてより深く理解する必要がある場合は、オープン質問を使用します。そうでない場合は、クローズ質問を使用することができます。

例(オープン質問): "川をきれいにするもっともよい方法は何だと思いますか?"

オープン質問にしましょう。回答を表やグラフにはしにくくなるかもしれませんが、川や環境をきれいにすることについて、人々の気持ちや考えを深く理解し、レポートに直接引用することができるかもしれません。

例(クローズ質問): "どのぐらいの頻度で川に行きますか?"

以下の選択肢を作ってクローズ質問にしましょう。

  • ほぼ毎日
  • 年に5回以上
  • 年に1~4回
  • ほとんどない

このデータは棒グラフで表現することができます。

複数選択や択一の質問を作るときは、適切な方を選び、質問と回答を適切に組み立てます。

例:

次のフルーツのうち、どれが好きですか。
#りんご   ()
#バナナ  ()
#チェリー ()

これは、選択肢にの中に好きなものが複数あり得るので典型的な複数選択質問です。一方、"次のフルーツのうち、どれが一番好きですか。"は択一にすべき質問です。

どちらのフルーツの例も、リストにあるフルーツだけについて明らかにするよう作られています。もし、"好きなフルーツは何か?"と聞くのであれば、フルーツを網羅したリストを作るか、より現実的には"その他"欄を設けます。一般的には、回答オプションは完全で重複がなく、明確でなければなりません。

多くの選択肢がある複数ないし択一の質問の場合、新たなバイアスが生じる可能性に注意すべきです。なぜなら、回答者は、リストの中程より最初の方に注目しがちだからです。LimeSurveyでは、この影響をある程度緩和するため、回答をランダム化することができます。

どうしたらよいアンケートになるか?

より正確な調査を行うために適切な回答を引き出すアンケートには3つの特徴があります。

  1. 質問が明確・正確で、全体として詳細・明瞭で意味のある回答が得られる。
  2. 提供される選択肢とフォーマットが適切である。
  3. 必要に応じ、回答者が情報を追加できるようになっている。

更に、ユーザー体験を常に念頭に置きましょう。読むこと、スクロールすること、クリックすることは疲れる作業なので、

  1. 不必要な質問を避ける。
  2. 回答者によって関係ない質問をすることのないよう条件を使用する。
  3. 質問・選択肢は、適切にマークアップし、短く読みやすくする。
  4. スクロールとクリックのトレードオフを考慮する。短いアンケート(質問の複雑さによるが、5-15問)は1ページに収めます。長いアンケートでは、グループをうまく使います。あとに続く質問のトピックについて明確に説明を加えます。
  5. 尺度を多用し、参加者を混乱させないようにします。利用する尺度のタイプ、スコープ、説明の数をできる限り制限します。尺度の方向を変えないようにします。(例外はあります)
  6. 採点尺度においては、下の例のように、尺度の数を偶数にして回答者がどちらかの方向を選ばなければならないようにすることも有効でしょう。
何かの''良さ''について聞く回答尺度のよい例:

1. 非常によい

2. よい

3. 少しだけよい

4. あまりよくない

5. よくない

6. 非常によくない

何かの''悪さ''を聞く回答尺度の悪い例:

1. よい

2. まあまあ

3. よくない

アンケートの設計を始めるよい方法は、理想の回答がどのようなものか、少し考えてみることです。意味のある回答が最も有益であることは言うまでもないので、こうした回答を導く質問を作成してみてください。

どうしたらよいでしょうか。すべての領域を分割し、必要な情報は何かを決めることが最善の方法です。

例えば、イベントを開催し、イベントに関する一般的なフィードバックを得たいとします。

以下は、有用な回答を引き出せないかもしれないアンケートの例です。

イベントを楽しめましたか?

( ) はい

( ) いいえ

Wifiはよかったですか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( )

無事にたどり着けましたか。

( ) はい

( ) いいえ

提供された地図は役に立ちましたか。

( ) はい

( ) いいえ

演者の構成はいかがでしたか。

( ) とても残念 ( ) 残念 ( ) どちらでもない ( ) ハッピー ( ) とてもハッピー

上記のシナリオでは、配列質問を使うのが良いかもしれません。

配列質問

一般的に、尺度による質問は、年齢、時間、数量に関する質問にのみ使用すべきです。有用なフィードバックを得るためには、配列質問の文言は適切に表現すべきです。構成が適切でない場合、追加的な情報を収集することができないため、強制的な質問配列によって回答が抑制されてしまう可能性があることを覚えておいてください。

おそらく、アンケートを完了させようとしているならば、参加者はフィードバックをしたいと思っているでしょうが、有効な情報を共有したくないと思ったならば、ウィンドウを閉じてやめてしまうでしょう。

上記の例は何がよくないのでしょうか。

ひとつひとつ見ていきましょう。

質問1では何も得られません。100個の"いいえ"という回答が得られたらどうでしょう。この回答だけでは、参加者がなぜイベントを楽しめなかったのかについて、有益な情報を得ることができません。"いいえ"という回答に対し、理由を知りたくなるでしょうし、回答への対処に迷うことになるでしょう。のちほど、どのように改善できるかに触れます。

質問2は一つ目よりもひどいものです。先に触れた3つの特徴に立ち戻れば、この質問には明確さと正確さが必要です。Wifiの専門家でなくとも、これを計測するよりよい方法があります。さらに、"33%がWifiをよいと答えたと分かったとして、たったの23%がよいと答えた場合と比べ、何ができるか"のような問いに対し、有益な答えを得ることができません。よいアンケートの3つの特徴には、事前に定義された回答が質問に適合したものである必要がある、とあります。

この質問に尺度を使用しても、Wifiの品質を向上させることができないのは明らかです。この質問には、追加情報を入力できるスペースが必要です。具体的な問題について詳しい説明がないまま、報告することできるでしょうか。

この場合、参加者がWi-Fiに関して抱えたいた問題に適切に対処するために十分な情報を得ることはほぼ不可能でしょう。アンケートは、行動したり学んだりするために有益な情報を得る行為です。

質問3、4は、最初の2つの質問と同じ結果になります。これらの質問では、"はい"か"いいえ"でしか答えられず、どちらも詳細を追加することができません。このセクションの後に、こうした質問の改善方法に関する提案があります。

最後の質問5も意味のない質問です。何かについての満足度を訪ねても、人によって関心が異なり、各自が講師に対し異なる意見を持っている可能性が高く、あまり有用ではありません。これは、使うべきでないところで"尺度"を使っているもう一つの例です。

改善したアンケートを見てみましょう。

場内のwifiを使いましたか?

( ) はい

( ) いいえ

何か問題はありましたか?

( ) まったく問題ない

( ) 少々の問題はあったが、大したことはない

( ) いくつか深刻な問題があった

( ) Wifiは使い物にならなかった

(問題があった方)簡単に状況をお聞かせください。(テキスト)

イベントに向かう上で問題はありましたか?

( ) はい

( ) いいえ

会場にはどのように来ましたか?

( ) 鉄道

( ) 

( ) バス

( ) ライトレール(地下鉄、トラム)

( ) 徒歩

我々のウェブサイトの地図を使いましたか?

( ) はい

( ) いいえ

地図をお使いの場合、十分な内容でしたか?

( ) はい

( ) 大まかな情報は得られたが、別の詳しい地図を使った

( ) 不十分だった

(地図を使わなかった方)なぜ地図を使わなかったのですか?

( ) 不十分だったから

( ) 代わりにGoogle mapsを使った

( ) 地図があることを知らなかった

全体として、講演はいかがでしたか?楽しめましたか?

( ) ほとんどが興味深く、楽しめるものだった

( ) 大体楽しめたが、つまらないものもあった

( ) 半々だった

( ) 退屈だった

( ) 興味を引くものはまったくなかった

上記の答えについて詳しくお聞かせください。具体例(講師、項目)があれば遠慮なくお書きください。

(テキスト)

講演内容について改善すべき点があればお書きください。

(テキスト)

その他、ご意見があればお聞かせください。(テキスト)

少し長いアンケートになりましたが、回答するのも回答を解釈するのも容易になりました。それぞれのトピックについていくつか聞くことにより、結果を処理する際により詳しく分析できるようになります。例えば、最初のアンケートの質問に対し、30人がイベントに向かう上で何らかの問題があったと回答したとします。

これは、結果から得られる情報ですが、新たな回答セットによってどの交通手段に問題があったのかを推測することが可能になります。さらに、提供した地図を使ったか、あるいは別の案内を利用していたかがわかり、将来の改善につなげることができます。

質問が50を超える場合、参加者は問題を読むのをやめてしまう可能性が高いことに注意してください。

新たに加えたテキスト質問も重要です。参加者から具体的なフィードバックを得ることができます。回答を必須にしてしまうと、アンケートの回答をやめてしまうかもしれないので、回答は任意とするのがよいでしょう。

最後に、アンケートを作成するときは、分析に役立つ情報をより多く得るため、具体的なことを聞くアンケートにする必要があります。また、追加でバックグラウンド情報を集めることにより、回答についてよりよい分析ができるということを覚えておきましょう。

また、質問の言葉遣いを適切にすることも重要です。質問に答えようとしていても、それを理解できなければウィンドウを閉じて行ってしまいます。可能であれば、一般公開する前に他の人にアンケートを校正してもらい、質問が明確になっているか確認します。

アンケートのバイアス

市場調査を実施するうえで、偏りのない回答を得るためには、アンケート参加者の回答に影響を与える可能性のある質問を避けることが重要です。アンケートの偏りを避けることにより、無効な回答や、ゆがんだデータ収集を排除できます。 市場調査に関する適切な研修や知識を受けていない企業や個人は、このようなミスを犯しがちです。これは、質問の言葉遣い、選択できる回答の種類、電話や対面でデータを収集している場合にインタビュアーがどのように質問を提示するかなど、多くのことに当てはまります。


バイアスがかかった質問の例は、以下のようなものです。

イベントはどの程度楽しめましたか?

( )とても楽しめた

( )少し楽しめた

( )あまり楽しめなかった

( )まったく楽しめなかった

一見すると、質問の構造に問題はなさそうです。実際、回答者は、"とても楽しめた"から"まったく楽しめなかった"までの答えを選ぶことができます。しかし、質問の言い回しに問題があります。"どの程度"楽しめたか、と聞くことによって、そのアンケートはすでに、回答者は何らかの形でイベントを楽しんだと想定している、というバイアスがかかっていますが、そうではないかもしれません。

次の例は、参加者の回答に影響を与えない、よりよい聞き方です。

イベントの全体的な娯楽性について1から5で評価してください。1は"まったく楽しめなかった"、5は"とても楽しめた"とします。

1 2 3 4 5

( ) ( ) ( ) ( ) ( )

質問の言い回しを変えることによって、回答者は楽しんだレベルを決めやすい尺度を使って回答することができ、アンケートを行う側は他の回答結果とともに集計し比較することができます。もちろん、参加者が何を楽しめたのか、楽しめなかったのかを具体的に聞くには、もっと質問を増やす必要があります。

これは、言葉遣いをわずかに変えることによってアンケートの改善につながる例です。