Actions

SGQA識別子

From LimeSurvey Manual

This page is a translated version of the page SGQA identifier and the translation is 100% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎français • ‎日本語 • ‎Nederlands


注意: SGQA識別子およびINSERTANS:コードは、バージョン4.x以降で非推奨になります。代わりに、式マネージャー互換の質問コードを使用してください。ここにその命名規則に関する情報があります。


ヒント: このページでは、SGQA識別子を見つける方法について説明します。使用方法については、質問の追加ページを参照してください。


概要

SGQA(アンケート/グループ/質問/回答)識別子は、質問の回答にアクセスするためのショートカットです。作成したすべてのアンケート、グループ、質問には、データベースに割り当てられた固有の番号が割り当てられます。この番号は、管理インターフェースで、アンケート、グループ、質問バーのタイトルで確認できます。


SGQA.png


SGQA識別子を決定するには、これらの数字を文字'X'の間に入れなければなりません。


注意: 常に大文字を使用してください("x"ではなく"X")。


エディターを使ってプレースホルダーを追加する

統合エディターには、質問のプレースホルダーを選択する機能があります。このアイコンは"LimeSurvey置換フィールドプロパティ"と呼びます。この機能では、先行するアンケートページの質問のみが表示されるため、アンケートモードによって挙動が異なります。


Lime replacement editor.png


Lime replacement editor window.png


単一選択質問の識別子

例: アンケートのIDが1、グループのIDが6、質問のIDが12だとします。単一選択質問の識別子は次のようになります。

1X6X12


複数選択質問の識別子

複数選択式の質問なので、回答の選択肢も識別する必要があります。その選択肢のコードをXを挟まずに追加するだけです。たとえば、アンケートのIDが1、グループのIDが6、質問のIDが12だとします。回答の選択肢のコードが'ber1'だとします。

複数選択質問の回答選択肢の識別子は次のようになります。

1X6X12ber1


配列質問タイプの識別子

配列型の質問であるため、配列内のサブ質問も識別する必要があります。例えば、アンケートのIDが1、グループのIDが6、質問のIDが12だとします。サブ質問回答のコードが'ber1'だとします。この"配列"質問の回答の識別子は次のようになります。

1X6X12ber1


配列(テキスト)または配列(数字)の識別子

二次元配列の問題なので、配列内の回答を識別する必要かあります。Xを挟まずに行のサブ質問コードを追加し、その後にアンダースコア文字を追加し、最後に列を識別するサブ質問コードを追加します。たとえば、アンケートのIDが1、グループのIDが6、質問のIDが12だとします。サブ質問回答のコードが'ber1'で、列のサブ質問回答のコードが'lab1'だとします。

"配列(テキスト)"質問の回答の識別子は次のようになります。

1X6X12ber1_lab1


SGQA識別子の使用

SGQA識別子は、先行する質問に対する回答を後に続く質問のテキストに表示するために使用することができます(先行する質問への回答の情報を参照)。

アンケートのURLに使用してアンケートへの回答を"記入済み"とすることができます。例えば、SGQAが1X6X121ab1の場合、URLに"&1X6X121ab1=Y"を含めると、その質問への回答は"Y"を選択した状態になります(アンケートURLを利用した回答の事前記入を参照 )。


Help.pngURLフィールドの詳細については、こちらのウィキセクションを参照してください。


SGQA識別子は、各質問のデータがデータベースのアンケート回答テーブルに格納される際のフィールド名でもあります。


SGQ識別子を動的に参照する

質問を動的に参照する必要があるかもしれません。たとえば、短いテキスト回答の入力テキストフィールドを非表示にする場合などです。{SGQ}識別子を使用して実現します(SVNビルド9755)。LimeSurveyは{SGQ}をその質問の完全なIDに置き換えます(例: 3583X84X249)。