Actions

Translations

Global settings/10/ja

From LimeSurvey Manual

表示

  • 質問番号と質問コードのどちらかまたは両方を表示: アンケート参加者に質問番号や質問コードを表示するかを設定します。このオプションをアンケート管理者が選択できる第5のオプションもあります。質問コードはアンケートの各質問の隣に表示されます。
  • X個のサブ質問の配列の要素ごとに見出しを繰り返す: 配列タイプの質問を使用すると、サブ質問がたくさんあり、複数のページわたって画面に表示することがよくあります。リピートヘッダーの設定では、質問のヘッダー情報を繰り返す前に表示する回答の数を決定できます。適度な設定は約25です。見出しをまったく繰り返さないようにするには、0に設定します。
  • 「このアンケートはX問あります」を表示": アンケートに含まれる質問の数を表示します。質問の数は、誰かがアンケートを開始するときに表示されます。
  • PDFのフォントサイズ: 通常のテキストの既定サイズは9です。グループタイトルのフォントサイズは、このボックスの設定値に2を加えた値です。アンケートのタイトルのフォントサイズは、このボックスの値に4を加えたものです。既定のシナリオでは、通常のテキストには9、グループタイトルには11、アンケートのタイトルには13のフォントサイズが使用されます。
  • PDFでのヘッダロゴの幅: PDFヘッダロゴの'幅'です。ロゴは参加者によるアンケート回答が含まれるPDFファイルにのみ表示されます。アンケート参加者はアンケート終了後に回答をエクスポートすることができます。
  • PDFのヘッダタイトル: 空のままにすると、サイト名が使用されます。PDFヘッダーのタイトルは、アンケート完了後に回答をエクスポートした結果のPDFファイルにのみ表示されます。
  • PDFのヘッダ文字: 空の場合、アンケート名が使用されます。PDFヘッダー文字は、アンケート完了後に回答をエクスポートした結果のPDFファイルにのみ表示されます。
  • グループ名とグループ説明のどちらかまたは両方を表示: 質問番号と質問コードのどちらかまたは両方を表示機能と同じように動作します。
  • 入力必須でない質問に「回答なし」という選択肢: 編集可能な回答(つまり、リストと配列の質問)を含むラジオボタンや選択タイプの質問への回答が必須ではなく、"'回答なし'を表示"も有効な(既定)場合、回答者が質問に回答しないことを選択できるよう、各サブ質問に追加の項目"回答なし"が表示されます。グローバル設定から次のオプションのいずれかを選択できます。
    • 選択可能 : LimeSurvey管理者がこれを選択した場合、アンケート管理者は、自分が管理するアンケートで必須でない質問に対する"回答なし"オプションを表示するどうかを選択できるようになります(詳細は、表示のウィキセクションを参照してください)。
    • オン(既定値): このオプションを選択すると、すべての必須でない質問には、"回答なし"オプションが追加されます。全体設定がアンケート設定よりも優先されるため、アンケート管理者が変更することはできません。
    • オフ : オフの場合、必須でない質問には"回答なし"オプションは表示されません。全体設定がアンケート設定よりも優先されるため、アンケート管理者が変更することはできません。
  • 回答のPDF出力ファイルでヘッダを表示: 回答者による回答が含まれているPDFヘッダーに何も表示しない場合は、オフにします(既定値)。オンにすると、回答者による回答を含むPDFのヘッダーに次の情報が表示されます。
  • PDFで質問の背景にグレーを追加: 既定では'オン'になっています。回答PDFをエクスポートするときに機能します。
  • PDF質問をボールド: 既定では'オフ'になっています。回答PDFをエクスポートするときに機能します。
  • PDFでの質問の周りの境界線: 既定では'オン'になっています。回答PDFをエクスポートするときに機能します。
  • PDFでの回答の周りの境界線: 既定では'オン'になっています。回答PDFをエクスポートするときに機能します。