Actions

Translations

Difference between revisions of "Survey participants/13/ja"

From LimeSurvey Manual

(Created page with "トークンテーブルを作ったのちに、トークンアイコンをクリックして管理画面に入ります。下がそれぞれの機能概要です。 *'''Admin...")
 
Line 14: Line 14:
 
*'''Generate tokens''': トークンをまだ割り当てていない参加者データについて、トークンを生成します。
 
*'''Generate tokens''': トークンをまだ割り当てていない参加者データについて、トークンを生成します。
 
*'''Drop token table''': トークンテーブルを削除し、アンケートをオープンモードにします。
 
*'''Drop token table''': トークンテーブルを削除し、アンケートをオープンモードにします。
*'''Bounce settings''':  バウンス(送信失敗通知)についての設定です。バージョン1.91より。これはシステムレベルの設定です。
+
*'''Bounce settings''':  バウンス(送信失敗通知)についての設定です。バージョン1.91より。アンケートごとに設定するか、システム全体の設定を使うかを選べます。

Revision as of 05:36, 29 May 2014

トークンテーブルを作ったのちに、トークンアイコンをクリックして管理画面に入ります。下がそれぞれの機能概要です。

  • Admin: 管理者ホーム画面に戻ります。
  • Summary: トークンの数、招待メールを送った数、回答のあった数、などの概要を表示します。後述のようなデータベースの操作機能もあります。
  • Browse: トークンの完全なリストを見ます。ウェブブラウザから個々のトークンを変更したり削除したりできます。
  • Add new token entry: トークンテーブルに追加します。
  • Add dummy token: 複数のトークンをいちどにテーブルに追加します。
  • Manage additional field attributes: トークンテーブルに属性を追加して、参加者のデータをカスタム化できます。
  • Import from CSV: CSVからインポートします。
  • Import from LDAP: LDAPからインポートします。openLDAPでテストしましたが、ActiveDirectoryのように、LDAPの仕様に従った他のディレクトリシステムも大丈夫でしょう。
  • Export tokens to CSV file: 標準的なCSV(コンマ区切りファイル)で、すべての参加者トークンデータをエクスポートします。
  • Edit email templates: アンケートの案内、アンケート回答の催促、登録メールの文面テンプレートを編集できます。
  • Send email invitation: まだ案内メールを送っていない参加者に、案内メールを一斉送信します。
  • Send email reminder: 案内メールを送ったのに回答がまだである参加者に、催促のメールを一斉送信します。
  • Generate tokens: トークンをまだ割り当てていない参加者データについて、トークンを生成します。
  • Drop token table: トークンテーブルを削除し、アンケートをオープンモードにします。
  • Bounce settings:  バウンス(送信失敗通知)についての設定です。バージョン1.91より。アンケートごとに設定するか、システム全体の設定を使うかを選べます。