Actions

タイミング統計

From LimeSurvey Manual

Revision as of 03:17, 20 July 2019 by Bravehorse (talk | contribs) (Created page with "この動作が望ましくない場合は、Presentation/ja#.E8.B3.AA.E5.95.8F.E3.82.A4.E3.83.B3.E3.83.87.E3.83.83.E3.82.AF.E3.82.B9.E8.A1.A8.E7.A4.BA.EF.BC.8F.E3.82.B8.E3....")
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Other languages:
English • ‎日本語 • ‎Nederlands



はじめに

回答者が各々の質問や質問グループの回答に費やした時間を追跡できるようにするには、通知とデータパネルからタイミングオプションを有効にします。


Enable save timings.png


タイミングオプションが有効になっている場合、回答と統計ツールバーからタイミング統計にアクセスできます。


Timing statistics - location.png


タイミング統計

各回答のタイミングを示す表が表示されます。


Timing statistics table.png


ご覧のとおり、"アクション"列とソート可能な列(ID、合計時間、グループおよび質問時間)から構成されています。

Help.png上記の例では、アンケートの中で使用されているグループは1つだけなので、グループ時間統計は表示されません。グループ時間は合計時間と同じです。アンケートに2つ以上のグループがある場合は、数値がグループ列に表示されます。


"アクション"列には、回答に対して実行する以下のオプションがあります。


Action column Timing statistics.png


  • 回答詳細を表示: 回答者が送信した回答を確認するには、このボタンをクリックしてください。パネルを使用して、回答エントリーを編集したり、エントリーを削除したり、エクスポートしたりできます。
  • この回答を編集: 回答者が投稿した回答を編集するには、緑色の鉛筆ボタンをクリックしてください。
  • この回答を削除: 回答テーブルから回答を削除したい場合は、赤いゴミ箱ボタンをクリックしてください。


Help.pngタイミング統計テーブルは編集できません


IDは回答IDを表し、残りの列は回答者がグループまたは各々の質問に費やした時間を表します。値は秒単位で表されます。


Help.pngタイミング統計は、回答テーブルに格納されます。そのため、タイミング関連のデータを分析したい場合は、エクスポートをクリックして保存してください。その後、表計算ソフトウェアやデータ分析の専門ソフトウェアを使用して、さらに分析することができます。


ページ内に多くの回答を一度に表示したい場合は、既定値の10をより大きい値に変更します。


Chage display responses timing statistics.png


回答時間

完了し保存されているすべての回答に関する2つの統計値が自動的に計算されます。

  • 平均回答時間
  • 中央値


よくある質問

先行する質問の回答に戻った場合、時間は加算されますか?

はい、時間は加算されます(訪問1 + 訪問2 ...)。

アンケート設定で"バックワードナビゲーションを許可"が有効になっている場合は、先行する回答に移動して回答を修正できます。 "タイミング"はバックグラウンドで機能し、アンケートの各ページにどのくらいの時間を費やしたかをカウントし、ページ表示のたびに結果を集計します。


前提条件

すでに質問5(Q5)に到達していて、質問1(Q1)の回答を編集したいとしましょう。Q1に到達するまで"前へ"をクリックします。Q1があるページで費やされた時間は、最初に質問に答えたときに費やされた時間と合算されます。行ったり来たりすることで、Q2、Q3、Q4に費やす"時間"も増加します。


この動作が望ましくない場合は、LimeSurveyのインデックス機能を使えば、ユーザーは逆方向に"ジャンプ"できるようになります。