Actions

Difference between revisions of "General FAQ/ja"

From LimeSurvey Manual

(Updating to match new version of source page)
(Created page with "configファイルに以下を追加します。 <syntaxhighlight lang="php" enclose="pre"> // Set the name of the session 'session' => array ( 'ses...")
 
(3 intermediate revisions by the same user not shown)
Line 359: Line 359:
 
特定の状況下では、application/config/config.phpでLimeSurveyの設定を更新する必要があります。
 
特定の状況下では、application/config/config.phpでLimeSurveyの設定を更新する必要があります。
  
== IE 11 and Windows 7 / Windows 8 ==
+
== IE 11とWindows 7 / Windows 8 ==
  
There is a known issue with the session with IE 11, that leads to users not being able to finish a survey.
+
IE 11とのセッションには既知の問題があり、ユーザーがアンケートを完了できなくなる可能性があります。
  
It is solved by giving the session a unique name.
+
この問題はセッションに一意の名前を付けることで解決します。
  
This is done by adding this to the config file.
+
configファイルに以下を追加します。
 
<syntaxhighlight lang="php" enclose="pre">
 
<syntaxhighlight lang="php" enclose="pre">
 
       // Set the name of the session
 
       // Set the name of the session

Latest revision as of 10:22, 11 September 2019

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎日本語 • ‎Nederlands • ‎русский • ‎slovenščina • ‎svenska


Help.png以下の回答はLimeSurveyのユーザーコミュニティから提供されています。何かわからないことがある場合、次に何をすべきか自信がない場合は、他のコミュニティメンバーに質問をすることができます。https://limesurvey.org/forums 専門家のサポートが必要な場合は、認定パートナーのリストを確認してください。https://limesurvey.com


はじめに

LimeSurveyでできることを感じるためにマニュアルの半分でも読みくない場合は、YouTubeビデオを見ることをお勧めします。


Help.png良いビデオを知っていたら、ぜひ共有してください。


LimeSurveyについて簡単に知りたい

LimeSurveyの簡単な説明については、次の2つのリンクを確認してください。


Important.png
LimeSurveyの紹介ビデオを作成中です。


アンケートのデザインとレイアウト

より短いURLにするためURLパスからindex.phpを削除するには

すっきりしたURL(URLに/index.phpを含めない)を使うには、/application/config/config.phpを編集して変更してください。

'showScriptName' => true,

を次のように変更します。

'showScriptName' => false,

これを正しく動作させるためには、mod_rewriteモジュールが正しくインストールされたApacheウェブサーバーを使用する必要があります。

Nginx http serverを使用し(PHPはFastCGIを経由して実行)、'urlFormat' => 'path'設定(config.php)を使用したい場合は、以下ようなnginxのウェブサイト設定を検討してください。

server {
    set $host_path "/PATH/TO/LIMESURVEY";
    server_name  YOUR.SERVER.FQDN;
    root /PATH/TO/LIMESURVEY;
    charset utf-8;
    try_files $uri $uri/ /index.php?r=$uri&$args;
    #Disallow reading inside php script directory, see issue with debug > 1 on note
    location ~ ^/(application|protected|framework|themes/\w+/views) {
        deny  all;
    }
    #Disallow direct read user upload files
    location ~ ^/upload/surveys/.*/fu_[a-z0-9]*$ {
        return 444;
    }
    #Disallow uploaded potential executable files in upload directory
    location ~* /upload/.*\.(pl|cgi|py|pyc|pyo|phtml|sh|lua|php|php3|php4|php5|php6|pcgi|pcgi3|pcgi4|pcgi5|pcgi6|icn)$ {
        return 444;
    }
    #avoid processing of calls to unexisting static files by yii
    location ~ \.(js|css|png|jpg|gif|swf|ico|pdf|mov|fla|zip|rar)$ {
        try_files $uri =404;
    }
    location ~ \.php$ {
        fastcgi_split_path_info  ^(.+\.php)(.*)$;
        try_files $uri index.php;
        fastcgi_pass   127.0.0.1:9000; # Change this to match your settings
        fastcgi_index index.php;
        include fastcgi_params;
        fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  $document_root$fastcgi_script_name;
        fastcgi_param  SCRIPT_NAME      $fastcgi_script_name;
    }
}
Help.pngこの設定はアプリケーション内のファイルへのアクセスを無効にします。アプリケーション内にあるJavaScriptおよびCSSファイルの中には、debug> 0で読み取り可能にする必要があるものがあります。設定ファイルに'use_asset_manager' => 1,と設定してデバッグモードを有効にするとアセットマネージャーを強制的に使用することができます(またはディレクトリリストからapplicationを削除します)。

結果は次のようになります。


Remove index.php steps.png


回答必須の質問の*(赤いアスタリスク)を取り除く方法

LimeSurvey 2でのやり方

LimeSurvey 2.xでは、必須であることを示す赤いアスタリスクはtemplate.cssファイル("asterisk"クラス)内に設定されています。それを隠すには、

  • テンプレートエディタを開く
  • 変更したいテンプレートのコピーを作成する
  • "template.css"ファイルを選択して、asteriskクラスを検索する
  • asteriskクラスの最後に次の設定を追加する: ".asterisk {display: none;}"
  • template.cssを保存する
  • 編集したtemplate.cssが再読み込みされ、キャッシュから取得されないように、ブラウザのキャッシュをクリアする


LimeSurvey 3でのやり方

やり方は上述のLimeSurvey 2のものと同様です。

  • 希望のテーマにアクセスします。既定のテーマの場合は、"拡張"ボタンをクリックしてそのコピーを作成します。
  • テーマのリストにアクセスして、新たに作成したテーマに対応するテーマエディターをクリックします。
  • 左側に、対応するテーマのCSSファイルを視覚化できます。
  • custom.cssをクリックして、次の行を追加します。
.asterisk {display: none;}


  • 変更を保存してください。質問テキストの先頭に通常表示される赤いアスタリスクは非表示です。


Flashファイルを埋め込む方法

まず全体設定に行き、XSSフィルターを無効にします。また、そのフィルターを無効にすることどうなるかは理解しておいてください。フィルターが有効な場合、次の手順は機能しません

  1. Flashファイルを挿入する場所に移動します。これは、質問、サブ質問、回答、アンケートのようこそ/終了のテキストなど、統合されたHTMLエディタを使用できる場所であればどこでもかまいません。
  2. エディターツールバーの'LimeFitWin'ボタンをクリックし、フルスクリーンエディタモードを開きます。
  3. フルスクリーンエディタのツールバーには、Flashシンボル付きの小さなボタンがあります。クリックすると、ダイアログボックスが開きます。
  4. このボックスでは、既存のFlashファイルのパスを指定するか、'サーバーを閲覧'ボタンをクリックします。
  5. 'サーバーを閲覧'ボタンをクリックすると、ファイルブラウザが表示され、下部にはファイルアップロードフィールドが表示されます。既存のファイルを選択するか、ファイルをアップロードしてください。


それでおしまいです。この説明が不完全な場合は、適宜更新してください。


Important.png
注意 : LimeSurvey 3での利用手順も同様です。ただし、flashファイルを使用することはお勧めしません。


一般に公開するアンケートを作成する方法

誰でも参加できるアンケートを作成する場合は、アンケート参加者テーブルを作成しないでください。 概要パネルにあるアンケートリンクを共有します。


参加登録 - 必須項目

アンケート参加者テーブルを使用しながら参加登録も許可している場合は、次のメッセージが表示されます。


Non-mandatory public reg.png


上図のように、電子メールフィールドのみが必須です。

3つのフィールドすべてに必須のマークを付けるには、アンケートのテーマを編集してください。 Fruityを使用している場合は、登録画面に移動して、参加者の電子メールフィールドがどのように見えるかを確認する必要があります。

        {# Participants email #}
        <div class='{{ aSurveyInfo.class.registerformcolrowc }} form-group row' {{ aSurveyInfo.attr.registerformcolrowc }}>
            <label {{ aSurveyInfo.attr.registerformcolrowclabel }} class='{{ aSurveyInfo.class.registerformcolrowclabel }}  control-label'> {{ gT("Email address:") }} {{ include('./subviews/registration/required.twig') }}</label>
            <div {{ aSurveyInfo.attr.registerformcolrowcdiv }}  >
                {{ C.Html.textField('register_email', aSurveyInfo.sEmail, ({'id' : 'register_email','class' : 'form-control input-sm','required' : true})) }}
            </div>
        </div>

その後、ラベルを追加して、姓と名のフィールドを必ず編集してください。

{{ include('./subviews/registration/required.twig') }}

そして、この行により、フィールド記入を必須にします。

'required' : true

編集したファイルは次のようになります。

        {# Participants first name #}
        <div class='{{ aSurveyInfo.class.registerformcolrow }} form-group row' {{ aSurveyInfo.attr.registerformcolrow }}>
            <label for='register_firstname' class='{{ aSurveyInfo.class.registerformcolrowlabel }} control-label '>{{ gT("First name:") }} {{ include('./subviews/registration/required.twig') }}</label> {# extra label #}
            <div class="">
                {{ C.Html.textField('register_firstname', aSurveyInfo.sFirstName, ({'id' : 'register_firstname','class' : 'form-control', 'required' : true})) }} {# mandatory field #}
            </div>
        </div>

        {# Participants last name #}
        <div class='{{ aSurveyInfo.class.registerformcolrowb }} form-group row' {{ aSurveyInfo.attr.registerformcolrowb }}>
            <label {{ aSurveyInfo.attr.registerformcolrowblabel }}  class='{{ aSurveyInfo.class.registerformcolrowblabel }} control-label '>{{ gT("Last name:") }} {{ include('./subviews/registration/required.twig') }}</label> {# extra label #}
            <div {{ aSurveyInfo.attr.registerformcolrowbdiv }} >
                {{ C.Html.textField('register_lastname', aSurveyInfo.sLastName, ({'id' : 'register_lastname', 'class' : 'form-control', 'required' : true})) }} {# mandatory field #}
            </div>
        </div>


参加登録ページは次のようになります(すべてのフィールドは必須です)。


Mandatory public reg.png


言語スイッチを隠す

両方(アンケートタイトルの近くとページの右上)の言語スイッチを非表示にする手順は、多言語アンケートのウィキセクションに説明があります。


"回答を破棄して終了"を非表示にする

"回答を破棄して終了"ボタンを非表示にしたい場合は、アンケートテーマ内にあるnav_bar.twigファイルを編集する必要があります。


Exit and clear survey pic.png


削除(またはコメントアウト)する必要がある行は次のとおりです。

{{ include('./subviews/navigation/clearall_links.twig') }}


Hide exit and clear survey.png


これにより、回答を破棄して終了することができなくなりました。


No exit clear survey.png


Help.png 注意: このカスタマイズは、長いアンケートを作成した場合で、アンケートを保存して後から再開させたいときに使用できます。 ユーザーは、"回答を破棄して終了"ボタンを押すことにより、途中まで回答したものを削除してしまう傾向があります。

誤操作への対処

パスワードをリセットする方法

バージョン2.x

  1. コマンドラインでサーバーにアクセスします(例:SSH)
  2. PHPにコマンドラインでアクセスできるか確認します(see http://php.net/features.commandline.php)
  3. LimeSurveyディレクトリーに移動します
  4. 次のコマンドを入力します php application/commands/starter.php resetpassword NEW_ADMIN_NAME NEW_ADMIN_PASS または php application/commands/console.php resetpassword NEW_ADMIN_NAME NEW_ADMIN_PASS/usr/bin/phpなどphpへの完全なディレクトリーアクセス権が必要です


Important.png
この方法はLimeSurvey 3.xでは機能しません。


バージョン2.x.x以降でFTPアクセスのみの場合

ResetPasswordControllerを参照してください。


データベースのパスワードを直接変更する

Limesurveyのデータベースに直接アクセスできる場合、新しいパスワードをSHA256ハッシュに符号化して更新することで、古いパスワードを変更することが可能です。こちらでパスワードをSHA256ハッシュした値を生成できます。

たとえば、次のコマンドを使用してパスワードをpasswordに設定できます。

UPDATE lime_users SET password = 0x35653838343839386461323830343731353164306535366638646336323932373733363033643064366161626264643632613131656637323164313534326438 WHERE uid =1;

ここでは、接頭辞がlime_であり、データベースが選択されています。


無効にしたアンケートからデータを復元する方法

アンケートを無効にするのではなく、常に時間切れ扱いとすることをお勧めします。誤ってアンケートを終了した場合は、アンケートを何も変更しないでください。

そして、次のような手順を踏みましょう。

  1. アンケートを再度有効化する
  2. アンケートツールバーから回答を選択する
  3. インポートをクリックし、"無効になったアンケートテーブルからのインポート"メニューを選択する
  4. インポート元のテーブルを選択する
  5. 画面の右上にある"インポート"ボタンをクリックする


Help.png"有効期限"と"無効化"の違いについては、次のウィキセクションをご覧ください。


削除した質問/質問グループ/アンケートの復元方法

削除してしまうと、本当になくなってしまいます。ただし、バックアップしている場合は復元できます。


Help.pngLimeSurvey GmbHのプロユーザーである場合は、サポートチケットを開いて、そのアカウントのバックアップを提供するようチームに依頼することができます。このサービスは無料ではありません。


ハードウェア・ソフトウェアの要求条件

一般的な要件については、インストール手順を参照してください。


LimeSurveyの制約

処理速度について

LimeSurveyには処理速度に制限はありません。すべてはサーバーの処理速度とサーバーへの接続速度に依存します。短時間に多数のユーザーからの回答が予想され、サーバーが処理できるかどうかわからない場合は、フォーラムで類似のトピックを参照するか、LimeSurveyパートナーにコンタクトしてください(https://limesurvey.com)。

アンケートの規模について

注意: ここでいう'アンケートの規模'とは、アンケートの質問(と回答)の最大数のことであり、アンケートで受け付ける最大の回答数ではありません(こちらに制限はありません)。理論的には、LimeSurveyの質問/回答の最大数に制限はありません。しかし、使用しているデータベースエンジンにはいくつかの制限があります。最も重要なのは、結果テーブルのフィールド(列)数の制限です。

  • MySQL ISAM: テーブル内のVARCHAR列とCHAR列の長さの合計は最大64KBです。
  • MySQL InnoDB: 最大1000列
  • MS SQL Server 2000: 最大1024列
  • Postgres: 列の種類に応じ最大250〜1600列。既定のブロックサイズを32kに増やすと、列の最大数を4倍にすることができます。インストールのFAQおよびPostgreSQL FAQを参照してください。
Important.png
Attention : 実施する前に考えてください。10×10項目の配列は、すでに100列を要します。画面上で記入または選択が可能なアイテムはそれぞれ1列としてカウントされます。

mySQL ISAMエンジンは最も面倒です(詳細はmysqlのドキュメントを参照)。1行につき最大65,535バイトまで可能で、utf8文字は1文字につき最大3バイト必要なので、最大値は21,844文字となります(DBエンコーディングによって異なります)。

アンケートの規模は次のように見積もることができます。

  • 複数の数値質問: 回答ごとに20文字
  • 複数選択と配列質問タイプ: 回答ごとに5文字
  • その他の質問タイプ: 5文字
  • 余裕をみるため10%程度を追加

PostgreSQLの最大カラム数を増やす方法

アンケートの質問がとても多い場合、PostgreSQLで異なるブロックサイズを定義し、より多くの列を作成することができます。PostgreSQLを再コンパイルし、BLCKSZを16KBまたは32KBなどのより高い値に設定する必要があるため、扱いにくいかもしれません。設定オプション"--with-blocksize=BLOCKSIZE"を確認してください。詳細は、PostgreSQLメーリングリストのアーカイブを参照するか、そこで質問してください(pgsql-patches(at)postgresql(dot)org)。

Debianでの手順です。(Martin Pitt提供)

sudo apt-get build-dep postgresql-8.3
apt-get source postgresql-8.3
cd postgresql-8.3-*
debian/rules patch
sensible-editor build-tree/postgresql-8.3.5/src/include/pg_config_manual.h
dpkg-buildpackage -us -uc -b -nc

注意: 2014年8月、Ubuntu 14.04で上記を再現することはできませんでした。パッチが必要です(設定オプションでは不十分です)。参照(LinuxでPostgreSQL 9.3でテスト済み): Linux上でPostgreSQL の最大カラム数を増やす方法

Fatal error: Allowed memory size

サーバー構成によっては、メモリーに問題が発生し、次のようなレポートを受けることがあります。"Fatal error: Allowed memory size of 8388608 bytes exhausted (tried to allocate 233472 bytes) in /path/to/htdocs/limesurvey/filename.php on line 7296"

LimeSurveyの設定ファイルにオプションの設定を追加することで、制限を引き上げることができます。

アプリケーションの既定の設定の変更は、グローバルサーバー設定によって常に無効になる可能性があることに注意してください。あなたのサーバー上でメモリ制限を直接128Mに増やすには、以下を追加してみてください。

  • サーバのメインのphp.iniファイルで、memory_limit = 128Mとする(アクセス権がある場合はお勧めします)
  • LimeSurveyルートのphp.iniファイルで、memory_limit = 128Mとする。
  • LimeSurveyルートフォルダーにある.htaccessファイルで、php_value memory_limitを32Mとする。
  • config.phpで、"ini_set('memory_limit', '128M'); "とする。

特定の設定

特定の状況下では、application/config/config.phpでLimeSurveyの設定を更新する必要があります。

IE 11とWindows 7 / Windows 8

IE 11とのセッションには既知の問題があり、ユーザーがアンケートを完了できなくなる可能性があります。

この問題はセッションに一意の名前を付けることで解決します。

configファイルに以下を追加します。

       // Set the name of the session
        'session' => array (
            'sessionName' => "YOURUNIQUESESSIONNAME",
        ),

同じドメイン上に2つのLimeSurveyインスタンスがある場合

同じドメイン上に2つのLimeSurveyインスタンスが別のディレクトリーにある場合、セッション設定を更新する必要があります。


たとえば、example.org/ls1とexample.org/ls2がある場合は、ls1設定ファイルを更新します。

        'session' => array (
            'cookieParams' => array(
                    'path' => '/ls1',
                ),
            ),
        'request' => array(
            'csrfCookie' => array( 'path' => '/ls1' )
        ),