Actions

既定の回答

From LimeSurvey Manual

This page is a translated version of the page Default answers and the translation is 100% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎français • ‎日本語 • ‎Nederlands • ‎slovenščina


はじめに

アンケート参加者が回答を飛ばした時や、既定の回答と同じ意見の場合、様々な質問タイプに既定の回答値を設定し、記録することができます。このオプションにアクセスするには、質問パネルにある既定の回答を編集ボタンをクリックします。


Edit default answers example.png


有効な値

  • 択一質問では、ドロップダウンリストで既定値としたいものを選択します。
  • 複数選択質問では、チェックボックスで既定の状態(チェックの有無)にします。
  • テキスト入力質問では、テキストフィールドにテキストやを入力します。式を使う場合は、中括弧で囲みます。
  • 日付時刻型の質問で式によって日付を指定する場合、フォーマットはdate ('Y-m-d')またはdate ('Y-m-d H:s')の形式にします。例えば、現在の時刻をHH:MM(時、分)のフォーマットを使って既定値にしたい場合、完全な時刻フォーマット(date ('Y-m-d H:s'))を既定の回答ボックスに設定します。式の中のフォーマットは、質問設定のフォーマットとは別のものです。
Important.png
注意:
  • 非表示の質問については、別の方法として、式マネージャーで代入演算子を使う方法があります。


式マネージャーと既定値

アンケート管理者が既定値の指定に式マネージャーを使うことができるのは、"テキスト"と"はい/いいえ"質問タイプだけです。その他の質問タイプでは、代入演算子を使うことができます。


  • 匿名式でないアンケートを実施し、{TOKEN:ATTRIBUTE_1}をアンケート参加者テーブルが作成された時点の年齢だとします。年齢付きの質問に既定値をセットして提示することにより、その年齢が正しいか確認したり、間違っていたら正しいものに入れなおすようお願いしたりすることができます。この場合、既定の回答のテキスト入力欄に{TOKEN:ATTRIBUTE_1}と入力します。